2014年08月18日

Desighn Lineup

CIMG0001.JPG

現代の置屋根の進化形、落水置屋根住宅。
すだれ状の置屋根に地下水をくみ上げ流します。
すだれを流れる冷たい水が夏の日射を遮り、建物自体の温度上昇を
防ぎます。また、水を通り抜ける風は水の蒸発に伴う下熱効果で
天然のエアコンとなります。太陽光発電と組み合わせれば、
地球に負担をかけない空調装置となります。

問い合わせは若松まで
posted by 秋田設計 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。