2014年07月11日

Desighn Lineup

現代の置屋根.JPG

現代の置屋根
日射を考慮した、日本古くからのデザインを現代風にアレンジした住宅です。
屋根を二重にし、軒の出を深くすることにより快適な住空間を目指します。
年間の太陽高を考慮し、夏には日差しを遮り、冬には日差しを家の中まで
導く日本の伝統的な住宅の形式である軒と重要なものを守るため
倉の中の温度変化を抑える置屋根。これらを融合させ住宅に反映させました。

問い合わせは 若松 まで。
posted by 秋田設計 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック